新型ワゴンRスティングレー

新型ワゴンRスティングレーは、優秀なハイブリッド車

2017年の2月に登場した、最新型の軽自動車として知られているのが、新型ワゴンRスティングレーです。
軽自動車の手軽さ、運転のしやすさはそのままに、あらゆる装備が標準装備でつけられており、運転の快適さが格段に上がった車両として、多くのファンを魅了しています。

特に注目をするべきは、ハイブリッド車という点です。
まだまだ軽自動車にはあまり装備がされていない、ハイブリッド搭載の軽自動車ですので、燃費良くドライブをすることが可能な点が、人気の理由の1つでしょう。

更に標準装備として、軽自動車初、ヘッドアップディスプレイ搭載、クルーズコントロールやデュアルセンサーブレーキサポートまで、快適な走りを約束する装備が満載。
普通自動車ですらまだまだオプション装備となる事が多いシステムも多く、日頃車を頻繁に乗る方から、絶大な人気を集めているといえるでしょう。

また、オプションで全方位モニター付きメモリーナビなど、便利なナビシステムも搭載が可能。
最新型テクノロジーをふんだんに詰め込んだ、新世代型ハイブリッド軽自動車といえるでしょう。

軽自動車とは思えない、安定した高速の走りも特徴

新型ワゴンRスティングレーの特徴は、装備関連に関してだけではありません。
ハイブリッドエンジンを搭載することで、とても軽自動車とは思えない、高速の安定した走りをする事が出来るのも、大きな特徴といえるでしょう。

元来、軽自動車は高速走行が非常に弱く、加速力が少なく、ボディが軽くて弱いこともあり、風で煽られやすいなどの不安定さが定着していました。

ですが新型ワゴンRスティングレーの場合、ボディ体制が高く、ターボ車ならではのエンジンの安定感もあり、加速力もバツグン。
高速道路を走行する際にも、他車にひけをとらない、高い性能を発揮する点が、大きな魅力といえるでしょう。

また、軽自動車ですと不安定になりやすい、段差乗り換えもサクサク。
初心者でも安心して運転できる、軽自動車とは思えないような、しっかりとしたドライブを楽しむことが出来るようになったことも、特徴といえるでしょう。

コーナリングの際にも、ふらつきが少なく、高いコントロール性能が特徴。
軽自動車で発生しやすいふらつき感が無く、普通自動車と変わらず安定感を持ち運転することが可能となりました。

ですが、軽自動車の軽さはしっかりと残しているのが、新型ワゴンRスティングレー。
しっかりと性能を詰め込むだけ詰め込んでも、変わらぬ車体の大きさで、狭い道でも安心して運転することができるでしょう。

このように、軽自動車とハイブリッド車を見事に融合した傑作が、新型ワゴンRスティングレーといわれています。

Categories: スズキ