ディアスワゴン

カラーバリエーションは6色展開

ディアスワゴンはエクステリアやインテリアなどが非常におしゃれなものとなっており、スタイリッシュに乗りこなしたいと思っているドライバーさんにはピッタリです。

ディアスワゴンはボディカラーが6色展開となっており、ブルークリスタル、オレンジメタリック、マイカメタリック、ステングレーメタリック、シルバーメタリック、パールメタリックとなっています。
車内のインテリアは運転席助手席の開放感を重視しているため、とてもシンプルで尚且つ機能性に優れています。

運転席横にはシフトノブをはじめとして、オートコントロールができるエアコンスイッチやカーナビゲーションシステムなどが設置されており、特にシフトの部分は前方斜めに突き出していますので走行中でも操作がしやすくなっています。
車内のスペースは驚くほどの余裕があり、積載スペースをはじめとして、後部座席車以上に広々としています。

また後部座席のシートは角度をしっかりと考えられた設計になっていますので、長時間乗っていても疲れずに深く腰掛けてリラックスすることができます。

低燃費性能でパワフルな走り

ディアスワゴンは非常に燃費が良く、2WD でリッターあたり14.8キロというのがターボタイプの目安となっています。
ターボエンジンですので高速回転をしながらの走行でもパワーが落ちることもなく、スピーディーに走行を続けることができます。

また高速回転でも安定感のある走りを継続するため、ロングホイールスペースと足回りの設計もしっかりと考えられています。
さらにはエンジン音などを抑えるために強いボディを追求し作られていますので、パワフルな走りを見せてくれる中でエンジン音が気になってしまうこともありません。

フルタイム4WD は全ての車に搭載されていますので、走行中にパワーが足りないと思えば自動的にパワーを発揮してくれるような性能となっています。
加速がとても力強くスムーズですので高速道路への合流などでもストレスフリーな走行を続けることが可能になっています。

エアコンの操作部分は大型のプッシュボタンとなっていて、ディスプレイで表示されますので前述の通り非常に見やすく操作性にも優れています。
フロントウインドウには特殊加工のガラスが採用されていますので、まぶしさを軽減し、ドライバーの邪魔をしません。

スペースの有効活用

軽自動車はディアスワゴンに関わらず収納スペースが足りないといったデメリットがありますが、こちらの車種に関してはスペースをフル活用していますので、たくさんの収納力を持っています。
運転席や助手席側の後部座席にも各種ポケットが採用されているため、小さなものから比較的大きなお荷物でもこのようなポケットに収納することができます。

また車内のシートアレンジも多彩ですので場面に合わせながら使い勝手の良い状態が維持できるのも嬉しいです。
軽自動車ながらも車内はフルフラットになりますので、外出先で休憩を取る際などにもストレスを感じにくい設計となり、広々と全身を伸ばすことができます。

Categories: スバル