無保険車傷害保険

相手側の賠償金額も補償する、無保険車自動車保険

自動車保険には様々な種類がありますが、意外と知られていない便利な保険の1つが、無保険車傷害保険です。
こちらの保険は、自動車事故が発生した際に、相手側が対人賠償保険に入っていないという場合や、相手側の保険が使えないという場合に、その分の金額も補償してもらえる保険になります。

例えば、相手側が加害者の場合でもこちらの保険は適用となり、相手側が支払うべき金額を、保険会社が支払ってくれるというシステムです。
こちらは加入している会社やプランによっても細かい基準が異なりますが、基本的には、相手方に請求できる賠償金を、もらい損ねる事無く確実にもらう事が出来るでしょう。

適用範囲や支払い基準は各保険会社や、その時の事故状況によっても異なりますので、加入前に比較をする事が大切です。

適用範囲は保険会社によって異なりますので事前確認を!

無保険車傷害保険では、相手側が特定の保険に入って居らず、支払いが難しいという場合でも補償をしてもらえる、安心の保険です。
ですが、どんなケースでも確実に賠償金を貰うことが出来るという訳ではなく、支払い範囲が保険によって決められていますので、よく確認をしておきましょう。

まず、どの程度の範囲まで補償をしてもらえるのか、という点が大きなポイントです。
車の破損や修理、運転手のケガの治療費を始め、後遺症が残った際に保険は支払われるのかなど、企業によって大きく異なるでしょう。

多くの保険で、傷害が出た際にも保険適用内とされており、反対に、後遺症や死亡したケースにのみ、保険の適用対象としている保険もあります。
この部分を確認しておかないと、保険によっては、治療費など全額自己負担となるケースもありますので、事前確認を忘れずに行いましょう。

支払金額も保険会社によって異なるため注意

無保険車傷害保険を選ぶ際には、保険適用対象を比較する事はもちろん、どの位の金額が支払われるのかも比較をしておくことが大切です。

ケガをした際、後遺症が残った際に保険金が支払われる場合、一定の基準の下、支払い金額が決められるというケースが少なくありません。
自賠責保険基準なのか、裁判基準なのかによっても、同じ金額でも大きな差が表れますので、事前確認をしっかりと行いましょう。

基本的には、裁判基準で決められる金額が、最も高いことで知られています。
裁判基準とは、実際に裁判をした際に支払い金額が決められた際の基準の事で、ケースによっては、自賠責保険基準の三倍近く、支払い金額が異なる事も多いでしょう。

もちろんケースバイケースではありますが、事前に支払い基準を確認することも大切です。

Categories: 自動車保険