対人賠償保険
a0001_000198

自分の怪我は適応外

自動車保険の中には、対人賠償保険というものがあります。
文字通り人に対する保険というもので、交通事故によって、相手の車の運転者や歩行者などを死亡もしくは後遺障害、怪我をさせてしまった場合において適用される保険です。

これは、損害賠償責任を負った時に、損害を補償してくれる保険となっており、他人に対しての対象となります。
つまり、自分が怪我をした場合は、保険適用外となってしまうので、その点は注意しましょう。

ただ、自賠責保険と合わせて利用できることもあり、相手の命を奪ってしまったり、大きな障害を残してしまったりした場合などにも有効です。
もちろん事故を起こさないことが重要ですが、万が一のために保険に加入しておくことは重要なことと言えます。

対人賠償保険のメリット

対人賠償保険のメリットは、対人に対しての細かな補償をしてくれるという点です。
例えば、車に乗っている時に歩行者に衝突してしまった場合、人身傷害保険や自賠責保険が適用できます。

その時、自賠責保険での怪我に対する保険額は120万円となっています。
それ以上の賠償金に関して、対人賠償保険で対応することができるのです。
基本的に人を相手にする保険なので、保険が適用される条件なども細かく決まっています。

任意の加入となっているので、入っていない人もいますが、対人に対する事故が心配という方は、しっかりと入っておくことで安心を買うという意味合いでも利用できます。
もちろん、事故を起こさなければ賠償の対象になることはありません。
ただ、事故というのは突然、思いもしないところで発生するものなので、十分な注意をしておくことが必要と言えるのではないでしょうか。

また、ここで知っておきたいのは、無免許運転や酒気帯び運転の事故でも、被害者救済のために対人賠償保険が支払われることがあります。
もちろん、絶対に無免許運転や酒気帯び運転はしてはいけませんが、その点もメリットと言えるでしょう。
こちらのサイトでは、対人賠償保険についてわかりやすく説明されているので参考にしてみてください。
>>対人賠償保険について分かりやすく教えてください|家計のポータルサイト

対人賠償保険のデメリット

対人賠償保険のデメリットとしては、場合によっては保険が適用されない場合がある点です。
あくまでも他人に対して支払われる保険なので、被保険者の場合などは支払われないという点を注意しておく必要があります。

基本的にデメリットは少ないものの、保険料がかかってしまうのは当然のことなので、余裕があるという方が加入することが多いです。
どうしても余裕がないという方は、保険に絶対加入ということではないですが、相手のことを考えて入っておくのも良いかもしれません。

保険というのは、いつどこで発生するかわからない事故のために利用するものです。
その点を良く考慮して加入するかしないかを決めていきましょう。

Categories: 自動車保険