搭乗者傷害保険

大切な人を車に乗せるなら、搭乗者保険に加入を

結婚をして子供が出来て、車を運転する機会が増えたというご家庭は少なくありません。
あまり考えたくありませんが、どんなに丁寧に運転をしていても、ある日突然交通事故が起き、同乗者が大きなケガをすることもあるでしょう。

そんな時に非常に重宝する保険として知られているのが、搭乗者保険です。

通常の自動車保険の対象者は基本的に、ドライバーのみ、車のみが対象とされる事が多く、一緒に車に乗って居る人に対しての補償は、されないことが多くあります。
ですが、搭乗者保険に加入をしている場合、例え交通事故が起きた責任が自分にあっても、搭乗者の治療費などを負担してもらえる保険です。

もちろん、交通事故が起きた責任が自分に無く、相手にあるという場合や、搭乗者に事故の過失があったかどうかに関係なく、保険の適用対象となります。
万が一死亡してしまった際にも保険金が補償されるタイプの保険として知られており、自動車に乗って居る人全員が、保険適用対象です。

こんなケースは支払いがされません

搭乗者に過失があった場合でも、保険適用とされるのがこちらの保険のメリットですが、当然、適用対象外となるケースもあります。

例えば、明らかに故意に事故が起こされた場合や、酒気帯び運転、ドライバーの無免許運転など、重大な過失があった場合、こちらに該当しません。
搭乗者がその状態を知らなかったとしても、こちらの免責事由は適用となるでしょう。

万が一酒気帯び運転などを知った上でドライバーに運転をさせていた場合は、別途搭乗者も刑事責任が発生する事も少なくありません。
いわゆる共犯となりますので、保険適用の話以前の問題といえるでしょう。

安心安全に運転するように心がけた上で事故が起きてしまった場合にのみ、搭乗者傷害保険は適用となります。
大切な搭乗者を守るためにも、保険加入は重要です。

また、基本的に搭乗中とは、車に実際乗って居る状態のことを指します。
その為、運転中はもちろん、停車中でも、保険適用対象となるでしょう。

ただし、実際に車に乗って居らずとも、場合によっては搭乗中と見なされる事もあり、保険適用とされたケースも過去にあります。
事故が発生した状態によって、裁判で判決が下される事が多い為、例え同乗者が車に乗って居らずとも、希望を捨てる前に、まずは状況をよく伝えるようにしましょう。

保険金は定額給付されるタイプで、その時の状況によって、保険金の金額や、保険金の内容が異なります。
金額など細かい部分は保険会社によっても異なりますので、プラン比較をした上で、お得に加入することが出来るプランを選ぶようにしてみて下さい。

Categories: 自動車保険