対物賠償保険

対物補償保険で万が一の自滅事故も安心

自動車事故は毎日のように、様々な場所で起きていますが、意外と発生率が多い事故として知られているのが、自滅事故です。
駐車をする際に駐車スペースを破壊してしまった、相手の車を破損させてしまったなど、自分が明らかに悪い事故が起きる事は少なくないでしょう。

こうした事故が発生した際に、現金で解決しようとすると、とんでもない金額の損害賠償請求をされる事が少なくありません。
ですが、対物賠償保険に加入をしていれば、こうした事故が起きた際にも、しっかりと補償をしてもらう事が出来るでしょう。

万が一自動車事故がおきた際に、相手の車が高級車で有った場合や、店舗の備品などで有った場合は特に、こうした保険に入っているか居ないかで、支払い金額に大きな差が出ます。
初心者がついつい起こしてしまう事故の一種として知られていますので、是非とも加入をしておくべきでしょう。

休業損害もしっかりとカバーする保険です

対物賠償保険は、直接的にぶつかった物に対してのみではなく、自分が事故を起こしたことで間接的に事故が起きてしまった際なども、補償をしてもらえます。

例えば、自分が他の車と事故を起こした際に、ぶつかった車がはね飛ばされ、別の車に衝突した、と言うケースでも、補償対象となるのです。

もちろんケースバイケースではありますが、このように、休業損害の場合でも、非常に高額な請求をされることは少なくありません。
直接的な相手への賠償金額はもちろん、間接的に事故が起きた際の損害賠償をしないといけない事を考えると、非常に高額が飛んでいく可能性は無きにしろあらずでしょう。

また、踏切事故などを起こして電車の運行に支障が表れた場合など、電車に間接的にダメージを与えた訳ではなくとも、損害賠償請求をされるケースもあります。
1つの事故が、高額賠償支払い義務をうむ可能性が高いため、十分注意をして下さい。

対物賠償は入っておいて損は無い

事故は無いように注意をして運転をする事が大切ですが、ちょっとした気の緩みで、ゴールドドライバーでも大きな事故を起こすことが少なくありません。
いつもは絶対に起きないような事故が、その日に限って起きてしまい、高額賠償請求をされるという方も少なく無いでしょう。

対物賠償保険の場合は、対物の時価額が補償金額として支払われます。
40万円の時価額の車を壊した際に、修理代金が10万円かかったという場合は、40万円は支払われますが、10万円は実費になるでしょう。

こちらは加入しているプランなどによっても多少金額が異なったり、支払い限度が決められている事もありますので、加入前にしっかりと確認をして下さい。

Categories: 自動車保険