自賠責保険

必ず加入をする義務がある、自賠責保険

保険には様々な種類がありますが、車を運転する際に、必ず加入をしないといけないのが、自動車損害賠償責任保険、通称、自賠責保険です。

こちらの自賠責保険は強制保険として、バイクを含む、自動車に乗るドライバー、全ての方が加入をする義務があります。
加入をしていないと、車検を受けられないだけではなく、万が一の事故の際には、罰金や免停処分など、厳しい処罰が下されるため、車両購入時に一緒に加入する方がほとんどでしょう。

自賠責保険の保険適用対象は、対人事故の場合のみとされています。
自動車事故を起こした際に、人を引いてしまったという場合、被害者側に支払う損害賠償金を補償してくれるのです。

補償金額はその時によって異なりますが、相手が死亡した場合は最高で3千万円、後遺症に合われた場合は最高で4千万円まで支払いがされるでしょう。

こちらの自賠責保険は、万が一の事故が起きた際に、被害者を救済する目的で作られた保険で、ドライバー側に支払い能力が無くとも、確実の保険で被害者を守る事が出来る保険です。
支払い限度額はあるものの、こちらの保険で、ほとんどを賄えると言っても過言では無いでしょう。

強制保険というと聞こえは悪いですが、万が一の事を考えると、それだけ加入する価値がある保険として、重宝されています。

任意保険に合わせて加入する方がほとんどです

自賠責保険はあくまで、対人に対してのみ補償をしてくれる保険となります。
その為、対物事故などが起きた際には、自身で損害賠償を支払う必要があるでしょう。

そうならないためにも、ほとんどのドライバーが、任意保険に合わせて加入します。
任意保険は、強制保険とは異なり、ドライバーが加入するかどうかを決めてよいタイプの保険で、各保険会社で様々なプランが取り扱われて居るでしょう。

対物保険を始め、同乗者にかかる保険など、ありとあらゆるタイプの保険がありますので、ドライバーの状況に合わせて、任意保険に合わせて加入するのがベストです。

自賠責保険のみでは、万が一の際に賄いきれない部分も多くあります。
元々保険が作られた目的が、ドライバーを守るためではなく、被害者を守るためですので、当然と言えば当然でしょう。

自動車事故は、いつ何時、どんな状況で発生するかわかりません。
自賠責保険のみではなく、任意保険にも合わせて加入をしないと、万が一の際に対応することができず、後悔するという方も多いでしょう。

自賠責保険は保険適用対象となる対象、範囲も比較的狭いですので、任意保険の対人保険に加入するというドライバーも少なくありません。
保険同士を比較して、自賠責保険と合わせて加入をする事をおすすめします。

Categories: 自動車保険