自動車保険の必要性
a0001_000197

万一の故障や事故に備えて

自動車に乗る人のほとんどが自動車保険に入っていることでしょう。
ただ、中には「事故を起こすことはないから、保険も必要ない」と思っている方もいます。
もちろん、そう思いながらも保険に入っているのであれば問題ないです。

まずは、自動車保険の必要性についてしっかり知ることが必要となります。
基本的に自動車保険があれば、車で何かあった時でも安心ですし、故障しても修理に出すことが可能となります。

必要ないという方は、なぜ必要ないのかについて考えてみましょう。
あればもちろん何かあった時に便利ですが、もし万が一のことがあった場合、保険が無かったら負担はさらに大きくなってしまいます。

自動車保険のメリット

基本的に自動車保険は、メリットが多いものと言えます。
例えば、事故によって自分が怪我をしてしまった場合、保険でカバーすることが可能となります。
また、自分だけではなく、怪我をさせてしまった場合などにも有効なのです。

保険を使うことによって等級を下げてしまうことがあるので、事故の規模によっては実費で支払うということもありますが、それは例外です。
あくまで相手や自分を守るものとしての効果を発揮するのが、自動車保険の真意なのです。

また、自動車保険とは一概に言っても、車両保険なのか人身傷害保険なのかによっても変わってきます。
車が破損した場合は、車両保険で修理をすることができ、人身傷害保険の場合は怪我をさせたり、させられたりした時にも利用できます。

このように、メリットが多いことがわかったのではないでしょうか。
資金的に、車を修理することができなくなると、仕事に使っている人の場合困るはずです。
そういった時、保険がカバーしてくれるようにしていると、運転も安心しておこなえます。

事故というのは、相手にも自分にも影響が出てくるものです。
相手に資金力が無くて、自分の分をカバーしてもらえないということもないので、保険は万能だと言えます。

自動車保険のデメリット

基本的に自動車保険にデメリットはありません。
強いて言うならば、保険料がかかることくらいでしょうか。
ただ、それはいざという時のために支払っておくものなので、実質事故を起こしてしまった時などは、支払っている以上に助かることもあります。

保険料が払えなくて加入していないという方もいますが、基本手金は加入した方が安心です。
車の事故というのは、自分が気を付けていても、相手から突撃してくるということもあります。
もちろん追突される危険性もあります。

そういったことを考慮した場合、やはり自動車保険は必要だと言えるのではないでしょうか。
強制的に入るものではないのですが、入っておくと便利ですし、いざという時に助けられることが多いです。

Categories: 自動車保険