コペンセロ

深みのあるカラーが素敵

ダイハツコペンセロは軽自動車ながらもオープンカー仕様となっており、カラーやデザインに至るまで高級感あふれる車種となっています。

コペンセロのカラーバリエーションは9色となっており、専用色などもありますがグリーンマイカパール、ホワイトシルバー、メタリックブラック、マイカメタリック、レッドパール、オレンジメタリック、イエロー、ブルークリスタル、メタリックブルー、シルバーメタリックになります。
ルーフ部分がカーボン調のデザインを選ぶことも可能になっており、オープンにした際には、後ろから見た時にも非常にお洒落なシートを採用しています。

レカロシートを導入していますので、スポーツ仕様となっており、軽自動車というよりも立派なスポーツカーとしての存在感を放っています。
車内のインテリアに関しても上記したように素敵なシートカバーを採用していることや、運転席まわりの操作スペースもシンプルかつラグジュアリーで高級感があります。

レカロシートにいたってはレッド、ベージュ、ブラックの三色から選ぶことが可能となっており、ステアリングホイールは革を使用した高級タイプになっています。
また、エアコンのレジスターの部分などにはメッキを施しているため、こちらにも高級感があり、ドアハンドルに至るまで細かなこだわりがあります。

力強い走りを見せる

コペンセロはコンパクトな見た目に反して、とても力強い走りをすることで知られていますが、アルミホイールも専用のおしゃれなデザインとなっており、こちらも人気があります。
スポーツタイプだけでなくベーシックタイプも人気のある車種となっていて、ベシクタイプのインテリアについては華やかさがプラスされていますので、メッキを使用する部分が多く、シートヒーターなども搭載されています。

助手席にもシートヒーターが標準装備となっていますので、寒い時期でもオープンにして走った際の寒さを軽減してくれます。

メーター部も見やすく各種情報が表示される

メーター部分も非常におしゃれな特徴を持っており、3つの大きなタイプが特徴的です。
また、ディスプレイはマルチインフォメーションタイプとなっていますので、アイドリングストップの時間をはじめとして、走行距離などを的確に表示してくれます。
エコドライブをする際にはどのような状況かがはっきりわかるように表示してくれるといった機能もあり、スタートに関してはキーフリーシステムを導入しています。

またキーフリーシステムについても電池残量をしっかりと知らせてくれますので、うっかりと電池がなくなってしまうこともありません。
トランク部分のドアについてはスイッチ操作で行いますので荷物を持ったままの状態でも簡単に開けることができます。

Categories: ダイハツ